So-net無料ブログ作成
検索選択

【37w6d】ごまちゃんと出会った 逆子ちゃんの帝王切開レポ [   妊娠後期]

2013年6月19日(水) 37w6d
ごまちゃんのお誕生日
逆子ちゃんによる帝王切開 入院2日目


本日、13時24分、ごまちゃんと出会いました[手(チョキ)]

昨日の検診で、推定体重2700gと言われてましたが
実際に出てきたごまちゃんは3526g[exclamation&question]
先生、どんだけ測り間違ってんだか(笑)

手術当日の今日のごままは
起き上がるのはNGで、寝たきりなので
母子同室ではなく、
3時間に一度、授乳のために、
助産師さんがごまちゃんをベッドまで連れてきてくれます。

順調にいけば、明日から母子同室となるため
出産レポを書けるのは、今日しかなさそうです。
忘れないうちに(すでに忘れてる事あるけど)
残しておきます。

長いです。ご興味のある方、お暇な時にどうぞ。


【手術前夜】

昨夜は午前0時から絶食開始。
真夜中にこっそり食べるわけもないので大丈夫。
どきどきしてるわりには、
のび太くん並みに即寝れましたw


【手術当日 AM】

手術前なので朝ごはんはありません。
いつもは朝食なんて食べてないくせに
食べてはいけないといわれると気になって
他の人の食事の匂いで、よだれがでます。
だから、二度寝しました。

朝10時からは、飲み物も禁止。
禁止されると余計に飲みたくなると思い、
10時ぎりぎりまで、無駄に飲みまくりました。

手術前の点滴開始。
ラクテックと書いてあります。
脱水を防ぐためのものみたいです。

ごままの腕は採血もしづらいらしく、
よく失敗されるのですが、
今回の点滴は、針が極太で、
失敗されたらあきらかに痛そうな感じ。

看護師さんが「ごめんねー。ごめんねー。」と言いながら
刺したまま血管の中で何度も針の向きを変えて
グサグサ刺しまくりで痛い(T-T)

結局、医師が参上しても腕は失敗の連続。
最終的に手の甲になりました。
この時点で先行きがとても不安になるごままなのでした。

NSTを開始。
どうやらごまちゃんも相当興奮しているようで、
すぐに動き回ってしまい、心拍がなかなか取れず。
30分のところ、1時間半くらいかかりました。

いよいよお昼前。
ごまぱぱが参上しました。
ほかのベッドにはお昼ご飯が届きましたが
緊張のせいか、匂いには反応しないですみました。

手術着に着替えます。
後ろ身ごろがぱっくり開いているものです。
何か羽織らないと背中もお尻も丸見え。
この時、ショーツははいています。

13時くらいと言われていたものの
いつ呼ばれるかわからないので
ものすごくドキドキします。
時間が経つにつれ
あまりの怖さにごまぱぱに、
「死んだらごめん」とか言っちゃいます。


【手術室に移動】

12:50頃呼ばれました[がく~(落胆した顔)]


手術室までは歩いて行きます。
助産師さんとごまぱぱと3人で行きます。

点滴をコロコロしながら、エレベーターに乗り
手術室前に到着しました。
恐ろしさが倍増してきます。

ごまぱぱとはここでお別れ(/_;)/~~
帝王切開でも立ち会えたらいいのに。。

助産師さんがインターホンで診療科とごままの名前を告げ
ものすごく大きな自動ドアが左右にシュイーンと開くと
ものすごくたくさんの全身青い手術着の人が出迎えてくれて
人数に圧倒されてさらにビビります。

入り口で本人確認をして
手術室へ向かいます。
横幅が広くてとても長い緑色の廊下で、
左右にはずらっと手術室が並んでいて
扉が全開で、手術台にのったおじいちゃんとかが見えて
ますます恐ろしくなっていきました。

「突き当たりのお部屋ですよ」と言われました。
そこは、通りの中でたくさんある手術室の中で
明らかに一番広い部屋。
ドラマや映画で見る手術室より全然広い。
しかも中は青い人だらけ。ものすごい人数。
見学の学生などはいない感じでした。


真ん中にポツンとある手術台に仰向けで寝ます。

この辺りから緊張MAX[モバQ]
なので、うろ覚えですww

手術台の上のテレビでよく見るライトを見つめながら
自分の心臓がバクバクしてるのがわかります。
富士急のエエじゃないかや、
八景島のブルーフォールに乗る前の
50倍くらいドキドキします。


心電図、血圧計、指先になんか、がつきます
指先のは、酸素濃度かな?
点滴もしてますが、中身が変わったかどうかわかりません。

そして麻酔科の先生が参上。
心のなかで「あなたの腕にかかってるのよー」と
祈ります。
術後の痛みはすべて
麻酔の上手い下手にかかっているとか聞いたので。
だから、先生に言われたことを忠実に実行します。

横を向いて、背中を丸めます。
「もう少し肩をこっち」とかいろいろ言われるので
「はい!はい!」と、必死に言う通りにしますw
とにかく完璧にこなしてほしいし
ばっちり効いてほしいので
先生に「そうそう!」と褒められるまでww
他の青い人が、ごままの頭と足を押さえて
丸くさせる補助をしてます。
ちょっとお腹が苦しいですが、たいしたことはありません。

体勢が整ったら背中に注射です。
チクっとします。そんなに痛くないです。
歯医者さんの麻酔みたいな痛み止めらしいです。
少し時間をおくとすぐに効くようで、
その近くに本気ななにかを刺します。
「動くとうまくいかない」と脅されますので
一ミリも動かないようにします。

同じことを腰のところでもやります。

これで麻酔の処置そのものは終わりです。
本気な何かを刺すときに、ずーんと重い感じがしますが
痛みは大したことありません。


足からじんわりとあたたかくなってきて、
感覚が麻痺してくるのがわかります。
こたつに入ってるみたいです。

手術着を外され、仰向けになり
ショーツも脱がされ、全裸です。
ものすごく明るくてものすごく広いお部屋で
意識もはっきりしている状態での全裸なので
なんとも変な感じです。

すでに体は全く動きません。
でも腕と顔だけは動きます。

このとき、もうごままは何があっても
自分で走って逃げることが
物理的に不可能であるとわかり観念します。
完全にまな板の上の鯉です。
あーもう好きにしちゃってーって感じです。

保冷剤をあてて麻酔のききを確認します。
足から先に効いてきて、
胸の辺りまで麻痺してきます。

ここからが、恐怖体験。
なんか、ものすごく肩が凝る感じがしはじめて
さらにだんだん気持ちが悪くなってきました。
意識が遠退く感じもしてきて、
これまずいんじゃないかしら・・・って思い始めました。

呼吸が浅くなってきて
手術室に鳴り響くごままの心電図モニターの音が
著しく変化していきます。
ピッピッピッピッピッ と鳴っていたのが
ピッ・・・ピッ・・・・・・・ピッ・・・・・・・・・・って。
血の気も引いてきて、
顔もひんやりしてきた感じがします。
ものすごく気持ちが悪いんだけど、
でも「気持ち悪い」って声にだせなくて、
ヤバイ、死んじゃう・・・って思いました。

「みなさんさようなら~
 ごまちゃんだけは助けてね~
 ごまぱぱ、あとは頼んだよ~、ごめんね~」って。

自分はいざとなったら諦めるのが案外早いんだなって驚いていると、
麻酔科の先生が「ごままさーん。深呼吸できますかー」と
言ってきました。
ごままはそれどころじゃないので返事は出来ず。
でもなんとか頑張って深呼吸をしようとしてみます。
すると鼻から酸素を入れられました。

これは、ごままが死にそうだからではなく、
たぶん、通常の処置なんだと思いますw
だって先生はごままが死にそうになっているのを知りませんから。


深呼吸と酸素のおかげか、ほんの少しだけ復活して
虫の鳴くような声で「気持ち悪い、、、」というと
「効いてきてる証拠ですぐになおりますよ」って、あっさり。

そして数秒後、ほんとになおりました(笑)
完全復活。
なんてことなく、すっきり。


このあまりにも安易に死ぬ覚悟をした展開、
時間にして、たぶんたった一分間くらいのことです。
ごままったら、ものすごい小心者でした。
気分的には三途の川が見えましたから。
何かあったとき、確実に生き残れないタイプですね。


その間、誰かが「導尿の管いれまーす」とか
「どっかに機械かけまーす」とか
いろいろ言ってたと思いますが
なんせ一人で死にそうになっていたので覚えてません。


【手術開始】

時計は見ていませんが13時15分くらいでしょうか。
麻酔がすっかり効いたところで
執刀医のA先生が場を仕切ります。
「それでは、ごままさんの骨盤位帝王切開術ほにゃららほにゃららを始めます。ほにゃららほにゃらら、手術時間一時間、出血500g、ほにゃららほにゃらら。よろしくお願いします」
ほにゃららのところは、よくわかりませんでした。
なんだか、A先生がいつもより頼もしく見え
ついこの前まで研修医だったのに、とてもかっこよかったです。


ごままのお腹の右側にA先生。
左側にベテラン女医のO先生。
二人で共同作業のようです。

ちなみにベッドの幅はものすごく狭いです。
ごままがデブなのか?
と思ったけどそうじゃなくて、
ベッドに幅があると、お腹のすぐ横に先生が立てませんもんね。
先生の立ち位置は、ごままのお腹と隙間なく立ってます。

そしてその他の大勢の青い人達は、各自せわしなく動いていて
みんなそれぞれが、あれこれ話していてなんだか賑やかです。
たぶん、クラシックみたいなBGMも小さな音で流れてました。

何をしてるのかよくわかりませんが、
お腹がものすごく引っ張られる感じがしたり
押されてる感じがしたりします。
ぜーんぜん、痛くないです。
痛かったら一大事かww
怖い感じもないです。

10分ちょっとくらいたったころでしょうか。
麻酔科の先生が、ごままの頭の上あたりから
実況中継してくれます。
「もうすぐ出てきますよ~」
「お尻が出ましたよ~」
「あと少しですよ~」って。

この辺りから、先生たちが、「なんか大きいね~」って言い始め、
上半身と頭がなかなか出て来なかったみたいです。
頭隠して尻隠さずみたいな状態だったんですかね。

赤ちゃんをキャッチする係りの青い人たちの動きが慌ただしくなり
布のようなものを持って横で待ち構えています。

そして「出てきましたよ~」と言われたあと
本の少し間があってから

ごまちゃんの

『にゃー』という

とてもとても小さな声かしました。


この瞬間ごままは

「あっ!声がした!」と言い

ポロポロって勝手に涙が出ちゃいました。


みんなが「おめでとうございます!」って言ってくれます。
ついでに、「大きいな~」とも言ってました。

そのあとはごまちゃんもしっかりと泣きながら
待ち構えていた青い人たちが
せっせとお世話をしてました。


ごままはごまちゃんに釘付けです。
ただひたすら、ごまちゃんのいる台の方をじっと見ていて
自分の体が何をされてるかは気にもしていませんでした。

でも、残りのヘソの緒と胎盤がお腹から取り出され
トレイにのせられたところで
「見てみたい」と言ったら、見せてもらえました。
思っていたほどグロテスクではなく、
ついうっかり「美味しそう」って言っちゃいました。

先生たちと、胎盤を食べる話なんかしちゃうくらい
気持ちに余裕がありました。

そして、いくつかあった筋腫のうち
「表側のやつだけとっちゃう?」と聞かれたので
「ぜひ!」とお願いしました。
なんなら全部とって欲しかったけど、
出血の心配もあるとのことで、ひとつだけとってもらうことになりました。
ラッキー!
「ついでに脂肪もとってください」
「別料金だけどいい?」
なーんて会話をしながらの、
とても平和な手術室なのでした。


そして、待ちに待ったごまちゃんがごままの腕の中に。
さっきまでにゃーにゃーと泣いていたのにぴたりと泣き止んで、
少ししたら目をあけてくれて
ごままのことをじーっと見てくれました。
夢みたいで、ほんわかしてて、何とも言えない幸せな気分でした。
たぶん5分以上抱っこさせてもらったと思います。


ごまちゃんは一足先に、ごまぱぱのところへ行きます。
ごままは残りの処置です。

お腹はまだぱっくり開いてるようですが
幸せすぎて夢の中にいるみたいでした。
何分かかったのかわかりませんが、
ボーッと幸せに浸っていたら終わりました。

傷口が痛いのか、後陣痛なのか、筋腫を取ったところか、
よくわかりませんが、一ヵ所だけ
内蔵が締め付けられるような痛みが出てきました。
でも耐えられる痛みです。

「ものすごく傷口がきれいだわー」と
絶賛する声が聞こえました。
ごままは見えないので、
これはサクラか?お決まりのフレーズか?
なんて、性格の悪いことを思ってみたりw


【手術後】

気付いたらごままのベッドが
手術台の隣に横付けされていました。
用意していた自分のパジャマをうまいこときせてもらい、
なにやらおまたにあてがわれ
両足にマッサージ機みたいのがつけられてるようです。
全く身動きのとれないごままを簡単にベッドに移動させ
病室までゴロゴロと運んでもらいます。
手術ゾーンの入り口で、たくさんの青いみなさんとお別れ。
「ありがとうございました」とお礼を言いました。


入院病棟に戻ってきました。
廊下で一旦止まると、ごまぱぱと再会。

ごまちゃんを抱っこしているごまぱぱがいました。

なんかすごくすごく嬉しかった。


生きてて良かったってことじゃなくて
さっきまでごままのお腹の中にいたごまちゃんを
ごまぱぱが抱っこしていて
初めて家族3人がそろった瞬間。
じーんとして、嬉しかった。
きっと一生忘れないシーンだと思います。


病室には、かなりの頻度で助産師さんがやってきて
ケアしてくれます。

検温をします。
どんどん熱があがります。
術後約半日の今は38℃あります。
でも全くしんどい感じではありません。

血圧と酸素濃度を計ります。
点滴があれこれと、背中から入っている痛み止めの量チェック
尿の量チェック、傷口、悪露の確認、子宮収縮の確認などなど、
始めのうちは一時間に一回くらい、頻繁にきます。
なんだかとても安心します。

半日経過した今、
まだどこも痛くありません。

助産師さんも、痛くないのがちょっと不思議みたいですが
ごままのアドレナリンが沈痛剤なのか?
あちこち触るとまだ麻酔が効いてるような気もします。
背中から入っている痛み止めが無くなったら
痛くなるのかな。。
一応、覚悟はしています(笑)

ただ、全身痒い気がします。
じんましんとかは出てませんが
ピリピリするような痒い感じ。
助産師さんにきいたら、
途中で使った抗生剤の点滴のせいかもと言ってました。


まだ起き上がれないごままは
添い乳で3時間に一度授乳します。

不思議なもので、乳首をぎゅーっと押すと
本の少しですが母乳らしきものがでます。
2週間前からのみ始めたハーブティーのおかげかも。

ごまちゃんもまだあまり上手に吸えませんが
練習あるのみ。頑張りまーす。

夕方から飲み物OKになりました。
ジュースもいいよ、と言われたので
どさくさに紛れて飲むヨーグルトを飲んだら
それはダメだったらしい(笑)
だってお腹すいたもん。

ということで、逆子ちゃんの帝王切開、
無事に終了!

長い長い出産レポにお付き合いいただき
ありがとうございました~。

このあとの痛みについてはまた後日
お知らせします。

それから、少々の心配事。
小児科の先生から、不整脈があると言われました。
すぐなおるケースも多く、まずは経過観察するので
気にしないことにしています。
産声をあげてくれただけで、奇跡だぁと感じたので
ちょっとやそっとでは動じなくなってきました。
万が一のことになってから、気にします。

 →追記:2013.12
   生後1か月と生後半年に心臓外来で検査しました。
   なーんも問題なし!ということで経過観察も終了!





────────────────────────────
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村










コメント(26) 

コメント 26

こんにちは赤ちゃん

おめでとう!がんばったね。
すごく感動した。
by こんにちは赤ちゃん (2013-06-20 05:43) 

ろは

おめでとうございます!!
。・゜・(ノД`)・゜・。
もぉ感動して涙が出ました~
ごまままさんがんばりましたね!
ごまちゃん無事に産まれて来てくれてありがとう!ですね。
お身体辛いなかこんなに
詳しく書き残してくれて、
帝切に挑むママ達の支えになりますね
これから手術後の痛みと
ごまちゃんのお世話とで大変だと思いますが、がんばってくださいね!

わたしはここに来て問題勃発で…
絶対安静になっています^^;
今日はちょっとがくーーんと
来ていたのですが…
ごまままさんに勇気頂いたので
乗り越えられそうです!

by ろは (2013-06-20 05:59) 

さぁこ

初めまして!
さぁこと言います。
ご出産おめでとうございます!

私は、ごままさんが入院してた時からこっそりブログを見にきてました。
その時私は切迫気味で自宅安静だったのですが、今はとうとう入院になってしまいました( ; ; )
今まで、ごままさんの記事を読んでどれだけ元気を頂いたか…。
だけど35週に入ったので私ももうすぐ出産です!

ごままさんのブログをずっと読んできたので、ごまちゃんは、他人とは思えません(*^_^*)
きっと、ごまパパさんと、ごままさんがとっても素敵な夫婦なので、ごまちゃんも産まれてきて本当幸せだと思います(^_−)−☆

これからしばらく大変だと思いすが、きっと楽しみながら育児をされる、ごままさんのブログ楽しみにしています!

では、お疲れ様でした!
そして、本当におめでとうございます!!
by さぁこ (2013-06-20 07:42) 

ひなたのまま

涙が止まらん…ホントにおめでとう!!!
by ひなたのまま (2013-06-20 08:40) 

ぴい

ごままさん!
はじめまして(((o(*°▽°*)o)))

出産おめでとうございます!
おつかれさまです!

きゃー!ほんとに嬉しいです!

あたしも帝王切開予定で
勝手に親近感わいて
毎日密かにブログよんでました!

手術の不安も少し
ごままさんのおかげで消えました!

わたしもがんばります!

ごままさんも
後陣痛や傷の痛みあると
思いますががんばってください(((o(*°▽°*)o)))

本当におめでとうございます♡

これからもブログ楽しみにしてます!
by ぴい (2013-06-20 08:49) 

さやたん

ごままさんこんにちはー!
ご出産おめでとうございます!!
わが子は本当にかわいいことでしょう♪

帝王切開後とのことなので、まずは十分身体を休めて下さい・・・と言ってもなかなかゆっくりできないところが現実ですが。
ごまちゃんとはこれからずーーーーーっと一緒にいられますよ!
体力第一!
無理はしないで下さいね。

本当におめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。
by さやたん (2013-06-20 11:11) 

ごまま

>こんにちは赤ちゃんさんへ
過ぎてしまえば感動のおもしろ体験でした(^.^)
by ごまま (2013-06-20 21:58) 

ごまま

>ろはさんへ

小学生の作文状態ですみません(>_<)
絶対安静になってしまったなんて心配ですね。
もう少しですよね?頑張ってくださいね!!!
応援してます!

by ごまま (2013-06-20 22:07) 

ごまま

>さぁこさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます♪
ごまちゃんも喜んでいます(笑)
毎回殴り書きのようなブログですが
少しでもお役にたてていればとても嬉しいです!
35週なんですね!あと本のちょっとですね(^^)
頑張ってくださいね!

by ごまま (2013-06-20 22:13) 

ごまま

>ひなたままへ

ありがとちゃん(^-^)
早く会いたいねー♪
by ごまま (2013-06-20 22:16) 

ごまま

>ぴいさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます!
ぴいさんも帝王切開の予定なんですね。
大丈夫です!どうってことないです!
でもせっかくなので、直前の尋常じゃない緊張感も楽しんじゃってください。
今現在の傷や子宮の痛みについては、まだ触れないでおきますww
頑張ってくださいね!
by ごまま (2013-06-20 22:21) 

ごまま

>さやたんさんへ

コメントありがとうございます!
もともと子供が好きじゃなかったごままですが、
我が子ができると変わるもんですね。
他人の赤ちゃんの泣き声でもかわいいと感じます。
すでに母子同室でクタクタですが、
我が子は格別にいとおしいのですねp(^^)q
ありがとうございます♪

by ごまま (2013-06-20 22:26) 

めぐみ

ごままさん♡
ご出産ほんとうにおめでとうございます
(*⌒▽⌒*)
ほんまに出産って想像以上に大変なんやなぁ‥‥って思いました>_<
でも、ごままさんもごまちゃんも無事で何よりです!!
ごまちゃんの産声「にゃー」って可愛いすぎですね♡そこの部分を読ませて頂いた瞬間、私も可愛いー♡ってキュン♡となりました╰(*´︶`*)╯
現在も私が想像できないくらい大変やと思いますが、頑張って下さいね!
またの更新たのしみにしています♪
本当におめでとうございます♡
by めぐみ (2013-06-21 07:26) 

ピンキー

おめでとうございます☆
で、出遅れてしまいましたが・・・汗
やっぱり泣きますよね!
ごままさんの文章でももうすでに涙がw

そうなんですね!
麻酔の前に注射するから痛くないのかな?
麻酔が怖い私にとってなんだか安心しました!
前に手術(全身麻酔)した時に、震えが止まらないのに
無理やり刺されて気絶するように落ちたのがトラウマでしたw

術後に助産婦さんがお腹を押しに来たりしましたか?
結構痛いらしいのですが・・・。

痛み編も楽しみに待ってます!

とりあえずゆっくり休んで下さい!

by ピンキー (2013-06-21 20:35) 

ごまま

>めぐみさんへ

コメントありがとうございます!
「にゃー」はほんとに可愛かったです!弱々しい子猫のような小さな声だったんですよ。きっとずっと忘れない思い出になりそうです♪
今は、、、そうですね、大変といえば大変です。母子同室になってから二日目なんですが、私はほぼ寝てません(笑)でもこのスポ根な感じ、嫌いじゃないので今のところ楽しめてます☆
ありがとうございます♪
by ごまま (2013-06-21 20:41) 

ごまま

>ピンキーさんへ
コメントありがとうございます!
そうですそうです。ごままの場合は麻酔のための痛み止め注射がありましたよ。
術後の助産師さんのチェックで、子宮の収縮を確認する際、たしかにお腹をさわりますがごままの場合は痛いほど押されることはなかったですよ。
痛み編、知らぬが仏かもしれません(笑)
うふふふふ~
by ごまま (2013-06-22 00:16) 

ありよし

おめでとうございます!
優しくてこまやかで愛情深いyossyは素晴らしいママになるね。
by ありよし (2013-06-22 22:51) 

チョコも♪

ごままさん♪ご出産おめでとうございます♪
今日初めて、ごままさんのブログ拝見して妊娠検査薬~帝王切開レポまで辿り着きました!
可愛い天使に逢えて良かったですね(*^^*)
手術の様子、凄くよく伝わってきました。
私は39才で未だ独身ですが、今大好きな人がいてその人と結婚し子供を産みたいって夢を描いています(☆∀☆)
夢は叶えるものですよね☆
術後に入院病棟でごまちゃんを抱き抱える旦那さんとの再会シーン。。。(⌒‐⌒*)
とても感動しました!!

これから、ご家族が元気でお幸せでありますように°*♭。¨☆。£*。♭☆。゜♭¨*£。♪∴

by チョコも♪ (2013-06-23 13:02) 

ごまま

>ありよしさんへ
わぁ!びっくりしました!
ご無沙汰してます!お元気ですか?ブログを見てくださったんですね。
昨日退院してわが子を連れて帰ってきましたがすでにいろいろと苦戦しております(笑)頑張りまーす!
by ごまま (2013-06-25 13:24) 

ごまま

>チョコも♪さんへ

チョコも♪さんの夢、そんな風にはっきりと言えることってとっても素敵ですね。私の方が感動しちゃいました。
夢叶えちゃってください!叶うまであきらめなければ絶対叶いますもんね!
頑張ってください♪
by ごまま (2013-06-25 13:26) 

P

ごままさん、ご出産おめでとうございます♪
妊娠初期に予定日(6/26)が近かったのでずっとブログ読んでいました。
入院などハラハラしていましたが、無事出産できて本当にうれしいです。

私も同じ6/19に出産し、ヘルプなしの産後生活が今日から始まりました♪
楽しく子育てがんばっていきましょうね!
by P (2013-06-25 16:59) 

ごまま

>Pさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます☆
同じお誕生日なんですね!!!
私は退院して2日目にしてすでにあれこれ苦戦中です(笑)
でも毎日変わる表情に癒されますね。頑張りましょ~♪
by ごまま (2013-06-25 23:19) 

はやとママ

はじめまして!
明日予定帝王切開で、不安になって色々調べてたらごままさんの所にたどり着きました!
ブログを読ませていただいて、すごくわかりやすくて面白くてとても参考になりました!
おかげさまで不安も薄れました( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛
本当にありがとうございます♪
手術よりもお腹すくのが心配ですが(笑)、私もがんばります!!
by はやとママ (2015-03-10 22:17) 

ごまま

>はやとママさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます!
もう赤ちゃん誕生2日目ですね。お一人目かしら。赤ちゃんとの出会いの瞬間はどうでしたか!?術後の経過は順調ですか?こんなブログでも不安が薄れてくれたなんて嬉しいです!
これからしばらく、お腹も痛いし眠れないしでてんやわんやかもしれませんが、頑張ってください!我が子はすでに2歳前でイヤイヤ期に突入していますが最高にかわいくて楽しいです!お互い頑張りましょう!!!
by ごまま (2015-03-12 21:09) 

まゅまゅ

はじめまして!
切迫流産で入院中です。
色々しらべていたら、ごままさんのブログに辿り着きました。
経過を追って読み進め、ついに出産の記事で嬉しくなり、コメントしました!
私は二人目を20週で子宮頸管長2㎝無いと言われ即日入院になり、出産まで入院かもと言われています。
まだ入院1週間目で先が長く、落ち込むこともありますが、ごままさんのブログが面白く、勇気をいただきました!
ありがとうございます(^-^)!
ちなみに一人目はごままさんのお子様と同じ年に産まれましたよ!
by まゅまゅ (2015-05-28 07:26) 

ごまま

>まゅまゅさん

だらだらと長い記事なのに読み進んでくださりコメントまでありがとうございます!ごまちゃんと同じ2歳前後であろうお子さんを残しての入院とはお辛いですね。。まだ20週でしたら不安もいっぱいですよね。入院生活を少しでも楽しめればいいですが上のお子さんも心配でしょうし。ひたすら安静と思うとつらいですが、二度と味わえない上げ膳据え膳安静三昧、と思って頑張ってください!!!
by ごまま (2015-05-28 23:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。